So-net無料ブログ作成
検索選択

馬渕教室なら学力につながる! [馬渕教室]

馬渕教室と言えば、関西でもトップクラスの大手進学塾です。

「親が選んだ人気の学習塾」で、大阪府下第1位に選ばれたほどの実績もあり、その人気の凄さが伺えます。

今日は、そんな馬渕教室の授業で提供される、各コースの教育指導システムについて、詳しく紹介してみたいと思います。



馬渕教室中学受験コース


徹底した授業・宿題・確認・フォローで確実にステップアップ

馬渕教室の指導システムの視幹は「授業」。中学受験のプロがわかるまで確実に教え切ります。授業でならった内容を家庭で定着させるのが「宿題」ですが、たとえ宿題でわからないところが出てきても、4科の教師が校舎にいますので、授業のない日や、他授業の日など、いつでも「質問受け」ができます。保護者が教える必要はありません。また、学習内容については毎回の「宿題チェック」、「復習テスト」、「確認テスト」で定着度会いをチェックします。達成度が低い場合には「補習・居残り・再テスト」で、基礎からもう一度やり直し。1回1回の授業にこだわること、わかるまでとことんやりきること。これが馬渕教室のスタイルです。


最新の入試対策カリキュラム

馬渕教室では、関西圏の全私立・国立中学校の入試を毎年分析し、入試で要求される知識・能力・テクニックを、全てカリキュラムに落とし込んでいます。また、それをもとにテキスト・テスト・特別講座の内容を随時海底していきますので、入室から入試までの一回一回の授業がそのまま最新の入試対策になります。入試から逆算してカリキュラムを組んでいますので、全カリキュラムを終了した段階で入試レベルに到達しているわけです。学年を超えての無理な先取り学習や、4・5年生からの偏った学校別対策は必要ありません。


オプションの特別講座で万全の入試対策

最難関中学校に高い合格率を誇る馬渕教室。平日は各教室の「S-HI」「HI」で超難関、最難関に対応する力をつけ、日曜日の「最難関特訓」でチェックとブラッシュアップ。さらに6年生には中学校別対策を1年間実施。馬渕の実績の秘密はここにあります。万全のフォローアップ講座も設置。「わかった」を「できた」に変えるには効果的な復習が必須です。馬渕の「定着演習」はつまずきやすい単元、何度の高い単元を重点的に補強します。


充実したテキスト体系で実力判定・合否判定

日々の復習テスト・確認テストに加え、馬渕公開模試・馬渕到達テスト・最難関トライアル・中学校別トライアル(灘・甲陽・洛南・東大寺・洛星・神戸女学院)と充実したテキスト体系でお子様の実力を判定します。また、それぞれのテストの目的に応じた詳細な成績分析資料や、中学校別の合否判定資料を用意していますので、お子様の日々の学習への取り組みから単元別の弱点、間違いの傾向、志望校の合格可能性まで、しっかるち把握していただけます。


習熟度別クラス編成で最も効果的な授業を

クラス分けは、馬渕公開模試・馬渕到達テストの成績をもとに年間6回実施。馬渕到達テストの3科・4科偏差値を【今回2:前回1:前々回1】の比率で平均した数値をもとに行いますので、お子様の現在の学力に最も適したクラスで授業を受けていただけます。全校舎とも、最難関中学校をめざすTクラスと、難関・有名中学校をめざすFクラスのT/F構成となっております。さらに6年生には灘中への高い合格率を誇るNクラス(全6校舎)を設置。専門チームでお子様を灘中合格まで導きます。 1クラスは30名を定員としており、定員を超える場合はクラスを増設するか、募集を一時休止します。教師が責任をもってお預かりする、これは馬渕教室設立以来のモットーです。


時期に応じた情報と適切なアドバイス

年間3回の個人懇談は、各教室で実際にお子様の授業を担当している教師が担当します。中学受験の対象は小学生のお子様ですので、成績データの検討だけでは不十分です。授業の様子、宿題の達成度、ノートの書き方や塾での表情、そういったとことに問題が隠されていることが多いからです。一人ひとりにあった、きめ細やかなアドバイスと情報交換の場とお考えください。また、中学受験に必要不可欠なのは、時期に応じた情報です。年間3回の保護者会、入試分析会や中学校説明会など各種行事を通じて保護者の皆様に細心の情報を提供します。新着の学校情報や入試情報など、お子様の進路を考える上で非常に重要なものですので、馬渕教室にはつねに「正確さ」を大事にしています。




馬渕教室高校受験コース


定着力こそが、学力につながる!一人ひとりを大切にするシステム


A:宿題

授業終了時には宿題が提示されます。宿題にはA・B・Cの難易度設定がされており、クラスの授業理解度などから判断して適切な難易度の宿題を提示します。


B:復習テスト

宿題による定着度のチェックをするテストです。日々の書いて学習の状況が見えてきます。


C:フォローアップ

復習テストの合格点は8割。これに達しなかった場合には、フォロープリントなどが配布され、さらに弱点箇所を重点的に復習していきます。


D:馬渕公開テスト

総合的な実力をはかる馬渕教室独自のテストです。これに基づき、進路指導やクラス替えが行われます。


高校受験においての第一志望合格はもちろん、馬渕教室では将来につながる「真の学力」が身に付きます!


1:基礎学力指導

全ての学習を支えるのが「読み・書き・計算」に代表される基礎学力。特に馬渕教室では、小学生の間に基礎学力の徹底をはかります。


2:教科指導

馬渕教室の各教科のカリキュラムは、大学進学や、さらにその先を見据えて、そこから逆算して組まれています。指導要領にとらわれることなく、「必要なことを必要な学年で学習する」系統立てられた独自カリキュラムです。


3:小学部特別授業プログラム

思考力は「ことば」によって培われます。小学生の間に、ことばの完成を養うことは将来への大きな力となります。

●国語発声授業●小学英語授業


4:受験指導

日々の復習テストや、実力をはかる公開テストをもとに、馬渕教室の進路指導は、公立高校の「入試当日順位予測」ができるほどの精緻さを備えています。膨大な卒業生のデータを蓄積している馬渕教室ならではの進路指導です。




馬渕教室個別指導コース


特徴1:一人ひとりの目標を達成するプラン


ひと言で「学力をつける」「成績の向上」といっても方法は十人十色。どの分野からスタートすればよいのか、どのような教え方が合っているかなど、一人ひとりの生徒の特性・現状を十分把握し、無駄のない効果的な授業を実施していきます。復習をする生徒・予習をする生徒・英検の勉強をする生徒。学習内容はさまざまですが、生徒それぞれの個性・目的に合わせた完全個別指導だからこそ、本当の意味でのやる気と自信を引き起こします。


特徴2:ひとりのための黒板授業


先生が1人に生徒が2人の「1:2授業スタイル」が中心です。ホワイトボードを使用したテーマ学習と理解度チェックの演習を、交互に行いながら、効率的に授業を進めていきます。この際、「どうすれば、この問題が解けるのか」といった、生徒の自発的な学習意欲を促す指導を行います。自分専用の空間で、生徒のヤル気と集中力を持続させます。


特徴3:ご家庭との密な連携


馬渕個別では、ご家庭との連携を密にして、共に協力しあいながら、生徒の無限の可能性を引き出していきたいと考えています。生徒の授業中の様子や理解度などを、毎回ご家庭にご報告するとともに、お子様のご家庭での様子などもお伺いし、教室での指導に適切に反映します。また、保護者懇談は、お子様の状況に合わせて適宜実施しています。


特徴4:生徒カウンセリング


馬渕個別は、一人ひとりに合わせた完全オーダーカリキュラムですので、受講科目も自由に選べ、分からないところから無理なく無駄なく学習することができます。また、一人ひとりの目標を良く確認した上で、学習内容や宿題の量、学習進度など細かく決定しますので、着実にステップアップできます。学年を遡るだけではなく、学年を超えた指導や、早い学年からの受験指導も可能です。


特徴5:安全対策


教室内に部外者が入れないよう、全教室の玄関にオートロックを設置しています。また、「マブチセーフティーパス」(月額 500円)に登録いただきますと、登塾時刻・退塾時刻を、保護者様にタイムリーにメール送信いたします。また授業開始時に当塾されていない場合は、生徒の安全面を最優先し、ご家庭に連絡します。


特徴6:自習室利用


「授業」での理解を実力として定着させるためには、同じテーマを繰り返し学習する時間が絶対に必要です。しかし、「家庭では集中できない」といった声もよくお伺いします。そこで、馬渕個別では、「個別ブースでの自習」を薦めています。学年を問わず、自習席に空きがある限り、開放しております。受験勉強はもちろん、定期テスト前の試験勉強などにも利用できます。




馬渕教室幼児教育コース


講師陣


豊富な経験と確かな指導力、そして情熱を備えたベテラン講師が単なる受験技術の伝授ではなく、子どもの潜在能力と可能性の開花を重視した指導を行います。


オリジナル教材Visual-Navi


実写映像やCGなど、オリジナル開発の質の高いビジュアル教材で臨場感あふれる視覚教育を実施。通常、幼児教室では学べない科学分野の実験も仮想体験できます。


オリジナルプリント


もえぎ会では全ての教材をオリジナル作成しています。入試傾向に則した内容を作るのはもちろんのこと、子どもたちにわかりやすく親しみやすいオリジナルキャラクターを配したプリントづくりをこころがけています。


集団学習へのプレケア


入室テストでは、学習準備の基礎力を見極めます。合格基準に満たなくとも潜在能力があると判断した場合は、完全個人指導のプレケアにより集団学習へと導きます。


特別講座


通常授業に加え、音声表現指導・ペーパー特訓を開講し、小学校入学後の学校生活の基本姿勢づくりを行います。また、講習会では、さらに身体表現や製作といった領域にも力を注ぎます。


快適な学習環境


子どもたちの好奇心や創造力をフルに引き出せるよう、教室の広さから照明、室内の色彩まで”学び”や”遊び”に集中できる環境づくりを重視しています。




馬渕教室英会話コース


特徴1 : 学校英語・受験英語・資格英語にも役立つ英語の基礎力が確実に身に付く。


受験英語にも学校の定期テストにも、リスニングが当たり前のように出題されているのが最近の傾向です。

日本人が苦手とするリスニングをマスターすることは、いろんなテストの際に有利である ことは言うまでもありません。また、リスニングだけではなく、会話の中から自然に身につく文法もたくさん学んでいただけます。


特徴2 : 小学校英語にもいち早く対応


2011年から小学校での英語授業が必修化されます。大阪府・京都府下公立・私立幼稚園・小学校33校への豊富な講師派遣の実績があるエピオンなら、幼少の頃から英語のシャワーをふんだんに浴びて、日本語を無意識のうちに覚えたように、英語を自然に身につけていただけます。


特徴3 : お子様に最適のコース、クラスを提案


英会話上達には、たくさんの仲間を作って、一緒に頑張っていこうという気持ちが大きな力となります。ですからエピオンでは新しいコースをご案内させていただく時に、英語力のレベルだけでなく学齢も考え併せて最適なクラスをご提案し、より多くのお友達を作ることをおすすめしています。また習得速度によって飛び級制度も設けています。


特徴4 : たくさんの講師の授業を受けることができるよう、定期的な時間割組換システムを導入


社会に出て実際に通用する英語を身につけるためには、いろんなパーソナリティを持ったより多くの講師と触れ合うことが、必要不可欠だと考えています。さまざまな講師の授業で、さまざまな発音や英会話を学ぶことが、本当の英会話力を伸ばしていきます。


特徴5 : 外国人講師とバイリンガル日本人講師のダブルアプローチ


「読む・書く・話す・聞く」の4つの習得のための近道、最も効果的なのは外国人講師とバイリンガル日本人講師の両方からのダブルアプローチです。エピオンではそれぞれのコースを用意していますので、両コースを取れば日常英会話はもちろん、小学校英語にも役立ちます。




馬渕教室各コースの教育システムの特徴を紹介してみましたが、いかがだったでしょうか?

生徒達が学習しやすいよう、環境面、安全面でも配慮されているようですね。

これなら安心して自分の子供を塾にお任せできそうです。



さて、馬渕塾に通っている生徒達による、これまでの合格体験記を紹介しているサイトがありました。
ご参考までに、ご覧ください。


馬渕教室合格体験記



また、馬渕教室では、生徒達の力になってくれる、優秀な講師を募集しているようです。

せっかくですので、このブログでも紹介させていただきますね。

詳細は下記からどうぞご覧ください。


馬渕教室採用情報





最近では、街を歩けば馬渕教室の看板を目にします。

さすが関西大手の学習塾であると感じますね。

あそこで子供たちが必至に勉強し、それをサポートする講師達とのドラマが毎日のように行われている。

ときには涙を流すこともあるかもしれないけど、それが明るい未来へとつながっていくんですよね。

これからも、馬渕教室の魅力をたくさん紹介していけたらと思います。



馬渕教室お役立ちリンク集




タグ:馬渕教室
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。